招待状

お問合せはこちら


結婚式をしようと決めたのであれば、準備に忙しくなります。残念ながら、雑誌片手にキレイなページにポーッとしている時間は終わりなのです。

場所にこだわりがあって、人気な場所での結婚式を望むのであれば、それなりに事前の予約が必要です。場所によって違うと思うけれど、半年から一年くらい前の予約が必要かもしれません。
式場が決まっていないのなら、式場探しから始まります。どんな結婚式がしたいですか。それくらいの人たちを呼びたいですか。方々から出席していただく場合等は場所も考慮しなくてはいけません。宿泊が必要になる場合もあるでしょう。

まずは、結婚式をどのような形態でしたいかを決めなくてはいけません。ホテルでは、神前式も教会式も人前式も大丈夫な場合が多いですが、できないところもありますので、きちんと調べなくてはいけません。
ブライダルフェア等もありますので、いくつか回ってみるのも参考になるかもしれませんね。

式場が決まったら、招待するお客様をリストアップしなくてはなりません。これはお勤めしていたりすると意外と大変です。式場の広さや予算、両家の招待客のバランスなど、色々と考慮しなくてはならない点がある様です。必ずご招待するべき方からリストアップしていくことが良いかもしれません。

招待状はある程度前もって発送しなくてはいけないので、まずはここからスタートです。招待状は結婚式場で用意してくれる場合がほとんどですが、招待状の宛名書きは自分でしたいという人には時間に余裕を持っていないといけませんね。招待状そのものも手作りにしたいのであれば、その時間も考慮してください。準備が始まると、うきうきもしますが、それなりに忙しくなってきます。
宛名や差出人の書き方には色々とある様です。自分たち名義で出すのか、親名義で出すのか、みんなでよく話し合って決めましょう。宛名の書き間違えない様にしましょう。

招待状を出せば、ちょっと一安心です。あとはそれに伴い席順を決めたり、料理を決めたり、と順に決めていきます。料理等はブライダルフェアで試食等ができる様なので、先にチェックしておくと楽かもしれませんね。必要なグッズを決めていくのはそう難しいことではありません。グッズ選びは楽しいかもしれませんね。

結婚式の招待状ってだいたい同じ様な印象だけど、なにか決まりみたいなのはあるのでしょうか。招待状には返信ハガキを同封して、日時をお知らせするものですが、凝ったりするのって変でしょうか。

そんなことはないですよね。特に決まりもありません。ただし、目上に方にもお出しする場合もありますから、失礼のないようにすることは最低限のマナーですね。
式場で用意されたデザインから選ぶのもよし、自分たちで全て手作りもよしです。招待状のみを作ってくれる業者さんもあります。自分たちの予算、思いに応じて色々と選択肢がある様です。ペーパーアイテムグッズってその場だけかもしれないけれど、個性的に演出するのも悪くありません。その人らしい招待状を作ってみてはいかがでしょうか。

例えば、写真入り。こてこてのふたりの写真じゃ受け取られた方も、その後どうして良いか分かりませんが、トーンを下げたり、さりげない写真をつかったり、ふたりの思い出の場所の写真だったりなんていうのだったらお洒落かもしれません。あくまで結婚式のお知らせの背景としての存在で写真入りなんていう招待状はいいかもしれませんね。

その他、香り付きの招待状や、ふたりの共通の趣味を連想させるカード等、招待状の種類は限りなくある様です。

招待状は2人の新しい生活をスタートさせる為の第一歩でもあります。2人を思わせる様な素敵な招待状も良いかもしれませんね。招待状は結婚には欠かせないグッズです。結婚は2人でするものだけれど、結婚式をするとなると、招待する方のことはとても大切なことです。心を込めて招待状を準備しましょう。

Valuable information

池袋 ヘアサロン
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000037896/

Last update:2015/5/21